アロマでのどの痛みを解消

アロマでのどの痛みを解消

アロマを使用したケアは、のどの痛みを解消するためにも役立ちます。ヨーロッパで有名な健康法である「アロマテラピー」は、芳香療法とも呼ばれています。香りを人体に取り入れることで、さまざまな作用を期待する健康法で、近年は日本でも活発に行われています。

 

アロマテラピーでは、ハーブから抽出したエッセンシャルオイルを活用してケアをしていきます。アロマキャンドルやオイルマッサージ、入浴剤などに取り入れられています。

 

アロマテラピーによるリラックス作用は、心身のストレスを解消して穏やかにしてくれます。免疫力を高める作用もあるので、慢性的なのどの痛みに悩んでいる人にもオススメです。のどの痛みによいエッセンシャルオイルは、ユーカリ、ティートリー、サンダルウッド、フランキンセンス、ペパーミント、カモミール・ローマンなどです。

 

ユーカリは、炎症を抑制して痰が出ないようにします。ティートリーは、免疫を高める役割があります。サンダルウッドは、咳を抑えて、のどの痛みを軽減します。

 

フランキンセンスは、呼吸器の調子が悪くなったときに利用したい成分です。ペパーミントは、咳を抑えて楽にしてくれます。

 

カモミール・ローマンは、イライラを解消して気持ちを楽にしてくれます。リラックス作用に優れており、免疫を向上させて、粘膜の炎症を抑えます。

 

■エッセンシャルオイルの位置づけ
医薬品ではありませんが、作用が強いので説明書をよく読んでから使用しましょう。肌に合わないタイプ、妊娠中は使えないタイプもあります。安心して利用するためには、医師のアドバイスを受けるのもよいでしょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告