のどの痛みを解消するツボ刺激

のどの痛みを解消するツボ刺激

病院に行ったり、薬を使用したりせず、手軽にのどの痛みを解消する方法があります。ツボ刺激は、扁桃の腫れを解消したり、咳を軽減したり、風邪の諸症状に悩んでいる人にオススメです。風邪による発熱、のどの痛み・不快感などがあるときは、ツボ指圧を試してみましょう。

 

■合谷(ごうこく)
手(甲側)の親指と人差し指の骨が交差する位置から、指で1本くらい外側にあります。指圧するときは、人差し指でゆっくりと刺激していきます。
人体に生じる痛みの種類はさまざまですが、合谷はいろいろな部位に発生する症状に作用します。のどの痛みを感じたときにも試してみたいツボです。

 

■天突(てんとつ)
のどがイガイガするときに指圧してみましょう。鎖骨の真ん中あたりに位置する凹みにあります。この部位を、力を入れてさする感覚で押していきます。

 

■鳳眼(ほうがん)
親指を天突の部位で曲げると、しわが発生します。しわの端にある「鳳眼(ほうがん)」を指圧すれば、消炎作用が得られるでしょう。

 

■人迎(じんげい)
人体の不快な症状に効くツボで、さまざまな部位に作用するのが特徴です。血液の流れを活性化し、不快感を軽減してくれます。喘息を抑えるためにも役立つので、風邪の諸症状を鎮めるためにも活用できます。
そのほか、「気舎(きしゃ)」や「天容(てんよう)」など、人体の不快な症状を抑えるツボはたくさんあります。いろいろなツボを刺激してみて、自分に合ったツボを見つけてみましょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告