のどの痛みを解消する薬

のどの痛みを解消する薬

のどの痛みを解消するには、細菌やウイルスとの接触をさけつつ、治療薬を併用します。治療薬の種類は多く、症状によって使い分けられています。

 

■坑炎症剤
炎症を軽減するための薬です。鎮痛剤に分類されており、のどの痛み・炎症を抑えます。非ステロイド系坑炎症薬を使用するケースが多く、痛みと解熱の効果が期待できます。
坑炎症剤は、内服薬として使用することが多いですが、服用するのが難しいほど症状が重症なときは、坑炎症剤が含まれたのど飴やシロップを使用することもあります。

 

■抗生剤
インフルエンザなど、細菌やウイルスによって引き起こされる症状に利用されます。知名度の高い抗生剤にはペニシリンがあります。そのほか、ケフラール、フロモックスなどの「セフェム系」や、クラリスなどの「マクロライド系」があります。
どのタイプの抗生剤を使用するかは、症状をみながら医師が判断していきます。

 

■坑生剤の欠点
非常に効果的ですが、副作用も出やすいのが欠点です。腸内細菌を殺してしまい、下痢、腎臓・肝臓の障害、アレルギー症状などが表れます。
抗生剤の副作用を抑えるには、用法・用量を厳守します。服用期間については、医師から詳細が聞けるはずです。

 

■そのほかの薬
咳・痰を軽減する「鎮咳去痰薬」、口内やのどをキレイにする「うがい薬」などが使用されます。また、ビタミンやミネラルを含む健康食品も役立ちます。マルチビタミンは、粘膜を強化して病気を遠ざけてくれます。


楽天オススメ商品


アドセンス広告