のどの痛み〜子どもの症状〜

のどの痛み〜子どもの症状〜

のどの痛みに悩まされるのは大人だけではありません。子どもの場合は、免疫力とスタミナが弱いため、風邪やインフルエンザなどの感染症のリスクが高くなります。感染症にかかると、のどの痛み、腫れ、違和感などが生じるようになります。

 

子どもは温度変化による抵抗も受けやすく、扁桃炎や咽頭炎にもかかりやすいのです。大人と比べて抵抗力や免疫力が弱いので、ささいなことで病気になります。特に乳幼児のころは、親が子どもの症状を見て判断するしかありません。

 

■子どもと感染症
子どもは感染症にかかるリスクが高いとされます。おたふく風邪、水ぼうそうのほか、百日咳やマイコプラズマ感染症なども見られます。激しい咳が続くと、肺炎などの合併症のリスクも高くなります。
溶連菌感染症も、子どもに多く見られる感染症です。発熱、扁桃腺の腫れ・痛みなどの自覚症状が表れます。また、アデノウイルス感染症(プール熱)によっても、のどや目などにトラブルが出ます。
扁桃腺肥大は、子どもに発生しやすく、のどに痛みを覚えるのが特徴です。扁桃腺は4〜5歳くらいのとき、肥大して大きくなります。
気道が細くなることで呼吸をスムーズにできなかったり、飲食物を上手に飲み込めなかったり、さまざまな不快な症状が出てきます。年齢を重ねていけば自然と治る症状ですが、子どもが苦しそうにしているならば、医師に診てもらうのがよいでしょう。
子どもの場合は、咽頭がんのリスクは低いですが、何らかの感染症が関係しているケースはあります。


楽天オススメ商品


アドセンス広告