のどの痛みといびきの関係

のどの痛みといびきの関係

いびきをかく人は、のどに痛みが生じやすいようです。寝ているときは口呼吸をしていることが多く、口内の乾燥の要因にもなります。

 

肥満体の人は、上気道のスペースがなく、呼吸がスムーズに行えなくなります。鼻が詰っていると、必然的に口呼吸になり、いびきをかくようになります。

 

■いびきの原因
肥満が一番の原因です。ほかには、噛み合わせ、飲酒、疲労、ストレスなどが関係しています。いびきが怖いのは、自分で症状に気づけないことです。
睡眠時無呼吸症候群は、いびきを重症化させた症状です。寝ている間に酸素が欠乏してしまい、脳卒中や心臓疾患のリスクを高めるのです。
また、扁桃腺が肥大しても、いびきのリスクが増すようです。

 

■いびきのデメリット
睡眠障害に陥り、昼間に眠たくなります。集中力も低下するため、仕事や勉強でのミスが目立つようになります。睡眠時間を確保しているのに眠たくなる人は、寝ているときにいびきをかいている可能性が高いでしょう。

 

■いびきを防ぐ
いびきが重症化すると、のどの痛みの原因にもなります。いびきを防ぐには、「いびき防止グッズ」が役立ちます。マウスピースや枕など、手軽にいびきを軽減できるグッズはたくさんあります。
いびきグッズを利用しても症状が治らないときは、歯科や耳鼻咽喉科などを訪れて治療をします。医療施設で使うマウスピースは、市販品よりも何倍も効果が高いようです。それぞれの人の口内に合わせたマウスピースを活用するため、いびきを抑制して、のどの痛みを軽減する効果が高いのです。


楽天オススメ商品


アドセンス広告