うつ病の自覚症状

うつ病の自覚症状

精神疾患のうつ病は、気持ちがめいったり、不眠症になったり、さまざまな症状が表れます。咽喉頭異常感症と呼ばれており、のどの痛みや不快感を生じるのも特徴です。

 

うつ病の初期症状として発生する咽喉頭異常感症は、風邪やインフルエンザと間違われることも多いようです。心当たりがないのに、痛みや不快感が継続するようならば注意です。

 

■咽喉頭異常感症を発見するには
症状が軽いうちは見つけにくいですが、チェックポイントを把握すると判断しやすくなります。
○のどが詰まったような違和感がある。
○異物が付着しているような違和感があり、うがいをしても除去できない。
○ストレスを感じる。
○何かを食べても、のどの不快感や痛みがない。
扁桃腺が腫れていると、食事をしたり、水を飲んだりするだけで痛みを感じます。これに対して咽喉頭異常感症は、何かに集中していると症状を忘れてしまうことが多いようです。

 

■咽喉頭異常感症の治療
心療内科や耳鼻咽頭科などで治療をします。初めに検査を受け、その後は抗うつ剤などを使用して完治を目指します。咽喉頭異常感症は、のどの不快感から発生するため、気になるようならば医療施設で診てもらうのがよいでしょう。
うつ病が要因となる咽喉頭異常感症は、精神疾患を治すことが根本治療の近道です。扁桃腺と同じ方法では完治しないので、医療施設で正しく診断してもらう必要があります。自主的に判断してしまうと、症状を重症化させるので注意しましょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告