のどの痛みを誘発する喫煙

のどの痛みを誘発する喫煙

喫煙による被害は、体全体におよびます。特にのどへのダメージが大きく、痛みを発生させるだけでなく、咽頭がんのリスクも高めてしまいます。

 

のどの痛み、声枯れ、痰などは、喫煙者に多く見られる症状です。これには、タバコの有害物質の影響があります。ニコチン、タール、一酸化酸素などは、咽頭がん、肺がんなどを誘発します。

 

また、粘膜に刺激を与えることで、呼吸器疾患を発生させます。喫煙習慣がある人は、血流が悪い人が多いとされます。タバコの有害成分であるニコチンが毛細血管を収縮させるためです。

 

ほかにも、さまざまな健康被害が懸念されるため、喫煙している人は一刻も早く禁煙できるように頑張りましょう。

 

■禁煙するには
いきなり禁煙するのは難しいので、禁煙グッズを活用しながら、少しずつタバコの本数を減らしていきましょう。禁煙グッズの多くは、ニコチンを含んでいますが、タールや一酸化炭素などは含まないので、タバコほどの害はありません。

 

■副流煙とは
家族のなかに喫煙者と非喫煙者がいた場合、非喫煙者のほうがタバコの害が大きくなります。これは、フィルターを使用しない状態で、タバコの煙を取り入れてしまうためです。喫煙者と同様に、のどの痛み、気管支炎、咽頭がん、肺がんなどのリスクを高めてしまいます。
副流煙の被害は、家庭内に喫煙者がいるならば防ぐのは困難です。喫煙する人は、自分以外にもタバコの被害が拡大することを知り、早めの禁煙を心がけたいものです。


楽天オススメ商品


アドセンス広告