気管支炎の症状

気管支炎の症状

気管支炎は、風邪から発症することが多い症状で、のどに痛みが生じるのが特徴です。喉頭〜肺の気管分岐部の分岐を「気管支」といい、呼吸と深く関係しています。気管支に炎症が発生すると、ひどい咳やベトベトした痰が出るようになります。

 

ウイルス感染によって発生する気管支炎は、咳で苦しくなったり、のどの痛みが強くなったりします。風邪と似た自覚症状としては、発熱、咳、頭痛、倦怠感などです。咳は非常にひどく、腹部の筋肉に負担がかかって筋肉痛になります。

 

■気管支炎の治療
鎮咳去痰薬を使用し、咳・痰を抑えます。抗生剤を使うと、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスを殺し、気管支を楽にしてくれます。
症状を放置しておくと、慢性気管支炎になり、重症になると呼吸をするのが難しくなります。のどの痛みが続き、気管支炎が慢性的に発生するようになったら要注意です。
気管支喘息は、乳児や幼児に多く見られる症状です。気管支の発育が十分ではないため、細菌やウイルスの影響を受けやすくなるのです。
また、気管支炎から喘息にかかるケースもあります。喘息になりやすいのは、アレルギー体質の人です。特に喫煙習慣がある人はリスクが大きいので、のどに痛みを感じるときは、タバコを控えたほうがよいでしょう。
タバコ以外では、排気ガスやホコリなども避けるべきでしょう。外出するときにマスクを着用したり、こまめにうがいをしたりすれば、気管支炎になるリスクを低減できます。


楽天オススメ商品


アドセンス広告