花粉症の症状

花粉症の症状

花粉症の季節になると、のどの痛み、鼻水、くしゃみなどに悩まされる人は多いでしょう。花粉が体内に侵入すると、人体の免疫機能が働いて異物とみなします。鼻水、くしゃみが出るのは、花粉を排出するための防衛反応です。

 

■花粉症の自覚症状
のどの痛み、鼻水、くしゃみ、倦怠感、かゆみ、涙の増加、寝不足など、さまざまな自覚症状が表れます。

 

■花粉症と花粉の関係
花粉が飛び交う時期になると、花粉症に悩む人が多くなります。ヒノキの花粉は、のどに与えるダメージが大きいとされ、痛みの原因にもなります。また、鼻粘膜に炎症が起こり、腫れてしまうことで空気の通り道も狭くなってしまいます。

 

■口呼吸を避ける
口呼吸が悪いのは、のどの粘膜を乾燥させるからです。乾燥することで細菌が活発になり、炎症や痛みを促してしまうのです。鼻が詰ると、必然的に口呼吸になるため、ますます症状を悪化させるという悪循環となります。
また、口から花粉を取り込みやすくなるのも大きなデメリットです。鼻呼吸ができないときは、点鼻薬を使って解消するのがよいでしょう。

 

■花粉症を予防するには
花粉をシャットアウトするのが一番の方法です。マスク、帽子、サングラス、長袖などの服装を基本とし、花粉と肌や粘膜が接触しないようにします。家に帰ったら、うがい、手洗いを徹底すれば、体内に取り込む花粉の量は、かなり少なくなるでしょう。
花粉との接触を少しでも避けられれば、花粉症の症状も軽減するのです。

 

花粉症対策グッズを購入したい方は以下からどうぞ

 

楽天で『花粉症』検索ページ

 

アマゾンの花粉症対策コーナーのページ


楽天オススメ商品


アドセンス広告