インフルエンザの症状

インフルエンザの症状

インフルエンザは、風邪よりもやっかいな症状です。高熱、のどの痛み、頭痛、倦怠感、筋肉痛などの症状が表れます。風邪よりも治りにくく、こじらせると命に関わることまであります。

 

インフルエンザを防ぐためには、インフルエンザウイルスを避けるのが基本です。家に帰ったらうがいをし、ウイルスを体内に入れないようにします。

 

また、鼻粘膜にもウイルスが付着するので、鼻うがいをするのもオススメです。予防接種も導入すれば、さらに予防効果が高まります。

 

■インフルエンザの初期症状
風邪と間違われることが多いですが、高熱が出やすく、のどの痛み、腹痛、下痢などが激しいなどの特徴があります。40℃を超える高熱が出ることも多く、スタミナの消費も激しい症状です。
また、合併症のリスクも高く、インフルエンザ脳症や肺炎に注意しましょう。特に注意したいのは、小さな子どもとお年寄りです。最悪のケースでは、死に至ってしまうので、抵抗力を高める処置が求められます。

 

■早期治療のために
インフルエンザの自覚症状に、のどの痛みがあります。この時点では、風邪である可能性も高いですが、念のために医療施設を訪れるのがよいでしょう。
坑インフルエンザ薬を服用すれば、症状が表れてから48時間以内であれば、かなり高い効果を実感できるでしょう。タミフルやリレンザなどの坑インフルエンザ薬は、知名度が高いので知っている人は多いでしょう。ただし、異常行動が表れる可能性があるため、未成年が服用するときは注意が必要です。


楽天オススメ商品


アドセンス広告