風邪の諸症状

風邪の諸症状

風邪の諸症状として表れるのは、のどの痛み、熱、咳、痰、くしゃみ、食欲不振、筋肉痛などです。多くの自覚症状が表れるため、体調不良を感じたときには風邪を疑う人が多いようです。

 

風邪の症状は、人によって出方が違ってきます。高熱を伴ったり、腹痛がひどかったり、下痢になったり、体質や風邪のタイプによっても症状に差が出るようです。

 

風邪の自覚症状では、のどの痛みが分かりやすいでしょう。粘膜の違和感や炎症は、放置しておくと圧迫感を伴うようになります。放置しておいても改善までに時間がかかるので、医療施設での検査と治療を受けて改善させましょう。

 

風邪がやっかいなのは、合併症を引き起こすことです。「風邪は万病の元」と呼ばれるように、のどの痛み、咳、発熱などにより、スタミナを低下させてしまいます。

 

免疫力や抵抗力が弱い幼児やお年寄りだと、重大な症状へと発展しやすくなります。お年寄りの肺炎なども、風邪の合併症として発生することが多いのです。

 

風邪を治すためには、ゆっくりと体を休め、十分な栄養を補給しましょう。無理をして働いたり、勉強したりするのは避けるべきです。

 

食事は消化のよい流動食がよいでしょう。豆腐やおかゆ、うどんなどは、風邪にかかったときに食べたい食品です。

 

熱が高いときは鎮痛解熱剤が役立ちますが、使用するときは注意が必要です。体温が38.5℃を超過すると、風邪の要因となるウイルスが耐えられなくなるため、38.5℃を超えてから使用するのが好ましいとされます。


楽天オススメ商品


アドセンス広告