のどの不快症状とは

のどの不快症状とは

のどの不快症状は、放置しておくと痛みに発展します。気をつけたい不快症状には、圧迫感、違和感などがあります。いつもと様子が違うと感じたら、注意深く観察しましょう。

 

ほとんどの症状は、一晩眠れば解消するはずですが、改善の兆しが見られないようならば注意が必要です。風邪の自覚症状だったり、重大疾患の前ぶれだったり、体の不調を示すサインだと考えましょう。

 

○のどの痛み・違和感を伴う症状

 

■咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎など
初期の風邪の自覚症状として発生します。そのまま放置しておくと、風邪を進行させてしまいます。

 

■鼻炎、副鼻腔炎など
鼻とのどに違和感が表れ、痛みを感じることもあります。鼻疾患が治れば改善するので、耳鼻科を訪れて治療するのがよいでしょう。

 

■反回神経麻痺、神経症など
神経のバランスが崩れると発症します。声帯がマヒすると、声を出しにくくなります。

 

■胃酸逆流症
胃酸が気道に向かって逆流する症状です。胃酸によって粘膜に損傷を与え、症状が進むと痛みを覚えるようになります。

 

■腫瘍
腫瘍が、のど、食道、甲状腺などに発生した場合も、粘膜に抵抗を覚えるようになります。慢性的な不快感があるようならば、医療施設での診断を受けてみるのがよいでしょう。そのまま放置しておくと、腫瘍が拡大して面倒なことになります。
腫瘍を治す一番の方法は早期発見です。以前と比べ、がんは治りやすくなっていますが、症状が進行してしまうと完治させるのは困難です。


楽天オススメ商品


アドセンス広告