のどに刺激を与える成分

のどに刺激を与える成分

刺激物を摂取すると、のどの痛みを促すことがあります。主な刺激物には、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェイン、カレーや唐辛子などの辛味成分、塩味・酸味などの成分があります。舌に刺激を与える成分は、のどにも悪いと考えて間違いないでしょう。

 

刺激物を取りすぎると、炎症の原因になります。炎症によって粘膜が腫れ上がると、声を出すのが大変になったり、飲食物を飲み込むのが困難になったり、食欲が低下してストレスが溜まったりします。

 

飲み物で注意したいのは炭酸飲料です。粘膜にダメージを与えるので、アナウンサーや歌手など、のどを大切にする仕事に従事する人たちは、なるべく摂取しないようにしています。

 

飲み物では、温度も関連しています。温度の高いお茶などを飲んでしまうと、粘膜にダメージを与えて、炎症の原因となります。粘膜に痛みを感じると、食事を取るときにも苦労するようになります。

 

炎症は非常にやっかいな症状です。痛みを感じるだけでなく、腫瘍の原因にもなるのです。食道がんの発症率を高くしてしまうので、熱い液体を飲むときは、粘膜に刺激を与えない温度まで下げるようにします。

 

ただし、冷たすぎる液体を飲むのもよくありません。繊毛の作用を低下させ、免疫力を悪化させてしまうのです。そのうえ、内臓の温度を下げて、自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

自律神経が乱れると、ホルモンのバランスも崩れてしまいます。そのため、予想していない病気を引き寄せてしまいます。


楽天オススメ商品


アドセンス広告