のどに優しい食生活

のどに優しい食生活

食生活に気を配ることで、のどの粘膜を保護し、痛みを軽減させることが可能です。粘膜を健康にするためには、免疫力を向上させる食べ物が役立ちます。

 

■ビタミン
ビタミンは人体の五大栄養素の一種です。
ビタミンB2、B6、ビタミンCは、のどの痛みを和らげるために特に重要です。ビタミンB群は、免疫機能を正常に作動させ、病気を抑制します。
ビタミンCは、ビタミンBと一緒に摂取することで、粘膜の健康を維持します。

 

■ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンで、循環系のトラブルを防ぐためにも欠かせません。補給するには、納豆、レバー、ほうれん草などを食べるとよいでしょう。

 

■ビタミンB6
損傷した粘膜を正常にし、機能を元に戻す役割があります。欠乏すると、口内炎や皮膚炎の要因となります。補給するには、まぐろ、かつおなどを食べるとよいでしょう。

 

■ビタミンC
美容を維持するための成分として有名です。美白のビタミンとも言われており、免疫力を維持するためにも欠かせません。
のどの痛みを軽減するには、食品からビタミンCを取り入れるのが効果的です。風邪の引き始めには、特に重要となるビタミンです。
粘膜を健康に保つためにも必要なので、ビタミンB群と一緒に取り入れましょう。補給するには、イチゴ、ピーマン、レモンなどを食べるとよいでしょう。
食品から十分に摂取できないときは、サプリメントを利用しましょう。ビタミンCのサプリメントは非常に安く、1か月あたり500円以下の商品もたくさん出回っています。


楽天オススメ商品


アドセンス広告