のどの痛みと関係がある疾患

のどの痛みと関係がある疾患

■急性扁桃炎
細菌・ウイルスなどに感染すると発症します。咽頭にある偏桃に腫れが生じる疾患です。
リンパ組織が集まって構成されている扁桃は、体内に入ってきた異物にダメージを与え、免疫力を維持しています。扁桃に炎症が発生すると、のどの痛み・腫れなどが起こるのです。重症になると、湿疹や白色の膿が出たりし、患部が真っ赤になってしまいます。
扁桃に腫れが生じると、飲食物を飲み込むのに苦労するようになります。

 

■急性咽頭炎
咽頭(舌の付け根)に炎症が発生する病気で、風邪になるとかかりやすくなります。咽頭が腫れて赤くなったり、白色の苔状の膿が出たり、急性扁桃炎と似たような症状が出ます。
飲食物を飲み込むときに、のどに痛みを感じます。痛みから食欲が低下したり、睡眠障害になったりし、大きなストレスを抱えるようになります。

 

■咽頭炎・急性声帯炎
のどを使いすぎると発生します。声帯ポリープが発生するケースもあり、これは声帯粘膜の血管の内部で出血することが要因です。

 

■咽頭がん・喉頭がん・食道がん
がんによっても、のどに痛みが表れます。心当たりがないのに違和感があるときは、がんの可能性は否定できません。

 

■そのほかの疾患
扁桃肥大やリンパ種、脳梗塞などの重大疾患が潜んでいるケースあります。重大疾患の自覚症状として痛みが出る場合は、症状が長引くことが多いので、なるべく早く医療施設で診てもらうのがよいでしょう。発見が遅くなると、命を落とす可能性も高くなります。


楽天オススメ商品


アドセンス広告